歯科臨床医のニーズに応え続ける総合学術出版
ホーム > 歯内療法 成功への道 抜髄 Initial Treatment

歯内療法 成功への道 抜髄 Initial Treatment

治癒に導くための歯髄への臨床アプローチ

歯髄に対する初めての処置を行うにあたって必須の基本知識から臨床のポイントをわかりやすく解説!

著者 木ノ本 喜史 編著
ジャンル 歯内療法
シリーズ 歯内療法 成功への道
発行年月 2016/07
ISBN 9784864320320
判型・ページ数 A4変・400ページ
定価 本体18,000円+税
在庫 在庫あり

シエン社で購入

シエン社の該当書籍ページへリンクします
(購入はシエン社から)

弊社より直接ご購入いただきます
(代引きが利用できます)

内容説明

Initial Treatmentにおける抜髄処置の成功率を100%とするために必要な,日々の臨床を理論づける知識や確実で効果的な手技などを,エンドのエキスパートが詳細に解説します.

感染根管治療(Retreatment)を撲滅するために,はじめて歯髄そして根管にアクセスする責任を果たすための臨床アプローチを紹介します.

必要なページから読む,辞書のようにもご活用いただけます.

 

書評を読む

詳細広告はコチラ

序文を読む

詳細目次を読む

 

このページのトップへ

目次

1.歯髄保存の意義……興地隆史
2.象牙質・歯髄複合体の科学―発生,解剖,加齢変化および治癒機構……大島勇人
3.象牙質・歯髄複合体の痛みと神経原性炎症メカニズム―歯の痛みを理解するための臨床口腔生理学……澁川義幸・田崎雅和
4.歯髄の病理―治癒能力と治療に対する反応……村松 敬
5.歯髄の検査法……五十嵐 勝・北島佳代子・新井恭子
6.歯髄の診断……五十嵐 勝・北島佳代子・新井恭子
7.歯内療法における効果的な局所麻酔および非歯原性歯痛……松浦信幸
8.抜髄処置に対する薬剤による疼痛抑制……長谷川誠実
9.歯内療法における打診痛を考察する……清水康平・羽鳥啓介・大原絹代・篠田雅路・小木曾文内
10.抜髄と神経障害性疼痛―痛みを伴う難治性根管治療の理解のために……木ノ本喜史・松浦信幸
11.覆髄法―直接覆髄と間接覆髄……泉 英之
12.根管治療における感染制御―感染の機会と各種制御法……木ノ本喜史
13.歯内療法におけるう蝕除去の重要性……阿部 修
14.髄室開拡・根管口明示からCoronal-Radicular Accessへ……加藤広之
15.根管のネゴシエーション,穿通,グライドパスの重要性……澤田則宏
16.治癒に導く作業長の設定を考える―作業長の「なぜ?」を問い学ぶ……佐藤暢也・岩波洋一・佐藤勧哉
17.ステンレススチール製ファイルの特徴と根管形成―Return to basics……木ノ本喜史/北村和夫
18.ニッケルチタン製ファイルの特徴と根管形成……吉川剛正
19.最適な根管洗浄法とは……田中利典
20.根管充填―側方加圧充填法と垂直加圧充填法……北村和夫
21.抜髄即充の是非を考える……木ノ本喜史
22.根管充填後の歯冠側からの漏洩(コロナルリーケージ)―失活歯を長期に機能させるために……木ノ本喜史
23.Initial Treatment(特に抜髄処置)の成功率とそこから導かれる臨床のポイント……石井宏・清水花織



TIPs:
#1 荷重に対する生活歯の反応
#2 「神経を抜く」or「歯を抜く」
#3 さまざまな象牙質
#4 時間経過を考慮した診断の重要性と市販薬
#5 ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)の鎮痛・抗炎症・解熱効果
#6 水硬性仮封材「キャビトンEX」
#7 根管形成の終末位のエックス線写真による臨床的な評価
#8 “根尖部の最大狭窄部で歯髄を切断する”の解釈
#9 側方-垂直加圧根管充填法(cold lateral - warm vertical hybrid condensation method)という考え方

 

 

 

 

 

このページのトップへ