歯科臨床医のニーズに応え続ける総合学術出版
ホーム > お知らせ > 明海大学歯科総合医育成コース資格称号授与式が開催

明海大学歯科総合医育成コース資格称号授与式が開催

 明海大学歯学部生涯研修部は,国民の生涯にわたる健康の保持増進を図るため,歯科口腔領域に関わる高度総合医療人を養成することを目的として,2014年4月に「明海大学歯科総合医育成コース認定医制度」を開設した(2014年4月7日付「ヒョーロン・ニュース」を参照)が,このほど同制度の認定医「Excellent Clinician」が初めて誕生し,その資格称号授与式が5月29日,東京都新宿区の明海大学・朝日大学歯科医師生涯研修センターにおいて行われた.
 「Excellent Clinician」の資格を授与されたのは,長谷川雄一先生(東京都・河津歯科医院),小林真人先生(埼玉県・樹モール歯科)の2名.両先生は,基礎的臨床教育にあたるクリニカルベーシック,クリニカルステップアップという27科目に及ぶ研修カリキュラムを受講し所定の単位を修得後,理解度テスト,症例発表などにより,「知識・技能・ホスピタリティ」のいずれも高く評価され資格を得るに至った.
 歯科総合医評価機構長である中嶌 裕先生は挨拶のなかで,「これをスタートとしてますます研鑽を図り,社会に貢献していただきたい」と述べ,長谷川先生・小林先生の今後の活躍に期待を寄せた.

 「歯科総合医育成コース認定医制度」の具体的な研修内容は,クリニカルベーシック・クリニカルステップアップコース,インターミディエイトコース,アドバンスコースという3つの段階が設定されており,保存,補綴,歯周,口腔外科,インプラントなど歯科治療全般の知識と技術の向上を図るカリキュラムに加え,開業学やデンタルビジネスといった安定した歯科医院経営をするためのカリキュラムも含まれており,歯科総合医に求められる高度な専門的知識と技術を体系的に学ぶことができるように構成されている.
 受講者は各コースの所定の単位を修得後,筆記試験,症例発表,口頭試問などによる総合評価によって,歯科総合医育成コース単位認定委員会により下記の称号が授与される.
(1)Excellent Clinician:クリニカルベーシックコースとクリニカルステップアップコースを修了し,一定の知識・技術を有し,適切な診断と治療を行うことができるとともに人格的に優れた歯科医師に与えられる.
(2)Distinguished Clinician:Excellent Clinician を授与された者がインターミディエイトコースを修了し,保存修復系治療・補綴治療の基本,口腔外科・インプラント治療等の知識・能力を高めた口腔機能の向上に寄与できるとともに人格的に優れた歯科医師に与えられる.
 (3)Master Clinician:Distinguished Clinician を授与された者がアドバンスコースを修了し,歯周治療・インプラント治療・補綴治療等の知識,能力を高め,口腔機能や全身的な評価ができ,なおかつ,豊富な臨床経験を有するとともに人格的に優れた歯科医師に与えられる.
 なお,資格認定医については,明海大学・朝日大学歯科医師生涯研修公式ホームページ上で,氏名・歯科医院名・住所・電話番号・認定医の種類などを公開し,国民に情報提供をするという.

 

        

     
 授与式後の記念撮影.認定医証を授与され喜びの表情を見せる小林真人先生(左)と長谷川雄一先生.      

 

このページのトップへ