歯科臨床医のニーズに応え続ける総合学術出版
ホーム > お知らせ > 「医療経済実態調査」の集計結果について

「医療経済実態調査」の集計結果について

 11月8日に開催された中医協において,本年央に実施した第21回上記調査の集計結果が公表された.歯科診療所の調査は全体の1/50の抽出率で,調査対象施設は1,143,回答施設は779(68.2%),有効回答数は654(57.2%,第20回は585で51.8%)だった.
 今回の調査期は平成28年4月~29年3月末までに終了した事業年度(前年)および平成27年4月~28年3月末までに終了した年度(前々年)の2期間についてであるが,表1に示したとおり,個人立歯科診療所の損益差額は前年が11,346千円,前々年が11,107千円,医療法人立は5,465千円と4,260千円だった.また,歯科診療所の1人平均給与については表2に示したとおりである.なお,医科の入院診療収益のない一般診療所については,表3・4に示したとおり,個人立の損益差額は26,518千円と26,070千円,医療法人立は9,034千円と9,713千円である.詳細は厚生労働省のHPを参照されたい.

表のPDFはこちら

 

 

このページのトップへ