歯科臨床医のニーズに応え続ける総合学術出版
ホーム > 写真でマスターする エンドでマイクロスコープを活用するための ポジショニングとミラーテクニック

写真でマスターする エンドでマイクロスコープを活用するための ポジショニングとミラーテクニック  新刊

マイクロスコープを使いこなすためのポジショニングとミラーの使い方が「できる」「わかる」ようになる!

著者 橋爪 英城
ジャンル 写真でマスターするシリーズ
シリーズ 写真でマスターするシリーズ
発行年月 2018/07
ISBN 9784864320443
判型・ページ数 A4・88ページ
定価 本体6,500円+税
在庫 在庫あり

シエン社で購入

シエン社の該当書籍ページへリンクします
(購入はシエン社から)

弊社より直接ご購入いただきます
(代引きが利用できます)

内容説明

精密な治療に欠かすことのできない歯科用マイクロスコープですが,「導入したけど使いこなせない……」という声を聞くことがあります.マイクロスコープを臨床で活かすためには,まずはその独特のポジショニングとミラーの使い方の習得が必須です.

本書では,マイクロスコープが最も使われている歯内療法における「ポジショニング」と「ミラーテクニック」のポイントについて,“治療部位別”に豊富な写真とイラストを用いてわかりやすく解説しています.

実際に治療を始める前に必要な機種の選び方や術者に合わせた設定の仕方,マイクロエンドに必要な器材なども紹介.

書評を読む

詳細広告はコチラ

このページのトップへ

目次

Ⅰ マイクロスコープ導入の基本-自分だけのマイクロスコープをカスタマイズする
  1.マイクロスコープはなぜよく見えるのか
  2.良質なアポクロマート(アポクロマティック)レンズとは
  3.明るいレンズとは
  4.絞り機能と被写界深度について
  5.焦点距離を長くする
  6.アームや鏡筒などの動きの自由度が大きいこと
  7.診療室のスペースや患者の動線に合わせて設置方法を決める
  8.映像を記録する

Ⅱ マイクロエンドを始める前の準備
  1.ラバーダムとマイクロエンド
  2.隔壁法の重要性について
  3.マイクロエンドに必要な器材
  4.視度調整
  5.瞳孔間距離の設定
  6.倍率
  7.「先入観は見落としのもと!?」歯種ごとに異なる根管の解剖を再確認する

Ⅲ エンドでマイクロスコープを使いこなすためのポジショニングとミラーテクニック
  1.ミラーテクニックを行うための基本条件
  2.チェアポジション
  3.ミラーテクニックの基本

Ⅳ 部位別のポジショニングとミラーテクニック
1.上顎前歯 2.上顎右側小臼歯 3.上顎右側大臼歯 4.上顎左側小臼歯 5.上顎左側大臼歯 6.下顎前歯 7.下顎前歯(直視) 8.下顎右側小臼歯 9.下顎右側大臼歯 10.下顎左側小臼歯 11.下顎左側大臼歯

Ⅴ マイクロスコープのオプション機能を活かして臨床応用する

このページのトップへ