歯科臨床医のニーズに応え続ける総合学術出版
ホーム > お知らせ > ASOインターナショナルが3Dプリンターを活用したデジタル歯科矯正サービスを発表

ASOインターナショナルが3Dプリンターを活用したデジタル歯科矯正サービスを発表

歯科矯正専門技工所の株式会社ASOインターナショナル(阿曽敏正代表取締役社長)とアメリカおよびイスラエルに本社を置く3Dプリンターの世界的企業ストラタシス社の日本法人である株式会社ストラタシス・ジャパン(片山浩晶代表取締役社長)は,2月5日,ストラタシス社の3Dプリンターを活用したアライナー矯正のデジタル歯科矯正サービス「ASOAligner DIGITAL」を4月1日から開始すると発表した.
 従来,ASOインターナショナル社が行っていたアライナー矯正は,歯科医院から送られてくる石膏模型を同社の歯科技工士が手作業で分割,セットアップ模型を製作するなど,アライナー装置を作るための型ができるまで多くの工程と時間を必要としていたが,「ASOAligner DIGITAL」ではこの工程をデジタル化.専用のスキャナーを活用したデータを用いてデジタルセットアップを行い,3Dプリンターで型を造形する.
 これにより,印象の誤差が1/30に軽減,生産能力が約4倍に向上(3時間で約40個の型の製作が可能),歯科医院への納品日数が従来の半分の7日間に減らすことができるという.また,デジタル化により歯科技工士の経験によって生じていた品質のバラツキがなくなりクオリティーが向上し,歯科技工士の業務時間の短縮など労働環境が改善されるメリットも生まれる.
 会見した阿曽社長は,「デジタル技術を取り入れることで,患者様,歯科医院,働く従業員のすべてに様々なメリットを提供できるようになる.皆様にご満足いただける製品・サービスの提供に努めたい」と述べた.

会見で3Dプリンター導入に至る経緯と様々なメリットを説明するASOインターナショナル阿曽敏正社長.
「ASOAligner DIGITAL」で活用される3Dプリンター「Objet500 Dental Selection」.短時間で精度の高い型を製作することができる.

このページのトップへ