歯科臨床医のニーズに応え続ける総合学術出版
ホーム > お知らせ > 「システマ」ブランドリニューアル! ライオンが30代からの早期歯周病ケアを提案

「システマ」ブランドリニューアル! ライオンが30代からの早期歯周病ケアを提案


 ライオン株式会社は2月14日に東京・渋谷区のセルリアンタワー東急ホテルにおいて,4月からの「システマ」ブランドのリニューアルに関するオーラルケアセミナーを開催した.今回のブランドリニューアルは30代後半からの歯周病リスクに着目し,歯周病リスクを意識していない30~40代の生活者向けに「歯周病セルフケア」を提案,歯周病になりにくい口腔環境作りをサポートしていくことを目的としているという.

 14日のセミナーでは主に30代女性に焦点を当て「プチ不調」の実態と「女性の歯周病の実際とケア方法」について,ライオン・ヘルスケアマイスターとライオン歯科衛生研究所の歯科衛生士よりそれぞれ紹介された.

 芳賀理佳ヘルスケアマイスターはまず,30代女性は一般的にライフイベントが目白押しであると同時に,不調を感じ始める年代でもあり,「心と体の曲がり角」だと述べる.ライオンの調査では女性が30代になると,それまで感じてこなかった体の不調(内側症状,痛み・疾患)を自覚し始めることが示されていたが,その中にあって歯周病は他の目立つ不調・症状に埋もれてしまう「隠れ不調」でることも同時に示された.
 続いて政井美南海歯科衛生士は,結婚,妊娠,子育て,家庭と仕事の両立・キャリアアップ……などライフイベントが目白押しな30代女性にとって,目立つ不調には対処しても,「隠れ不調」(歯周病)には手がまわらないのが現状であると指摘.そんな30代女性たちの,毎日のセルフケアとプロケアの重要性,セルフケアでは「歯と歯ぐきの境目を意識して磨く」「歯周ポケットのできやすい奥歯の集中ケア」がポイントであることを,スライドを用いながら説明した.

 なお,4月より「システマ」ブランドの各新製品(改良新製品含む)は順次,販売・自然切替となるが,以下がそのラインナップである.
 「システマハブラシ」は従来の超極細毛はそのままに,ヘッドの部分が従来の4.5mm厚から3.0mm厚に改良.それにより,奥歯の歯周ポケットまで届きやすくなったという.また,「システマ音波アシストブラシ」も同様にヘッド薄型を実現した.
 「システマEXハミガキ」と「システマEXデンタルリンス」は今回新たに柔軟成分(歯磨剤には「ポリアクリル酸ナトリウム」,洗口剤には「POEセチルエーテル」)を配合することで,歯周プラークが堅くなるのを防ぎ,分散しやすくすることで,ブラッシングによる除去をサポートするという.
 ほかにもデンタルタフトやハンディセット等の販売も同時展開される.「システマ」ブランドのサイトも4月18日よりリニューアルされるが,新製品の詳細については,http://systema.lion.co.jp/により参照されたい.



「システマ」の新製品・改良新製品.


歯科衛生士によるプレゼン.

このページのトップへ